障子をキレイに張替えてもらおう【業者選びが大切】

Menu

綺麗にする

障子

新品同様に

障子は直射日光を遮るだけでなく、柔らかな光に替えて部屋の中を明るく演出する効果が期待できる物です。元々は格子状の木枠に和紙を貼ったもので、仕切や目隠しとしても利用されてきましたが、日に当たるため、どうしても日焼けは避けられません。勿論汚れてしまったり、何かを当てて敗れてしまう事も有るのですが、それらの場合、全部取り替える事無く綺麗にする事も十分可能です。障子は木枠と紙でできているため、紙を張替えれば新品同様の状態に戻すことも決して不可能ではありません。また、張替をする際にはただ単に紙を貼れば酔うのではなく、その用途、目的に合わせて紙を変えるとよりその機能を高める事に繋がります。古くから利用されている基本的な障子紙は和紙でできておりのりを使ってはるタイプになっていますが、障子紙自体リーズナブルなので安く張替えができます。またすぐにボロボロになってしまい頻繁に張替えなければならない人は、プラスチック障子紙を利用すると強度がアップし破れにくくなります。またプラスチック障子紙はのりではなく専用の両面テープを利用して張替える為、作業をする時に手が汚れにくい等のメリットも有ります。それ以外では短時間で作業を終了できるアイロン張りの物もあるので、作業に費やせる時間や利用する場所等で貼る紙のタイプを選びます。どの場合も作業はまずは木枠から今まで貼ってあった障子紙をはがすところから始めますが、張替える事によって新品同様の状態に戻せます。